ひさつぐblog

Jazz Sax Player、鈴木央紹のブログです。 日記、お知らせまで色々載せてます。

SHOW店街組曲2

初日、無事に終わりました!
楽しかったー!

ほんと、久しぶりのミュージカル。
しかも今回は、ずっとステージ上で演奏です。
テナーサックスの他に、アルト、ソプラノと早業並みの持ち替え(笑)で演奏しております。

リハーサルも1週間前から何回もしてきたけど、本番は俳優さんもアドリブたくさん交えての余裕の演技。
やっぱり一流の俳優さんは凄いです!
プロです!当たり前やけど。(笑)
やるたびに変わっていくんやろうなぁ。
楽しみです。

本番中、演奏してない時は演技を見てるんですけど、気がつくと僕も「お客さん化」してしまってるんですよね。。
見てると楽しくて!

そうなってしまうと要注意です。。
セリフをきっかけに僕が演奏を始めないとダメなシーンがたくさんあるのに、忘れそうになります。。
あ!ここで僕の演奏か!!みたいな(笑)
もし本当に演奏を出損ねたら笑い事じゃないんですが。。


あと3日間、短い期間ですが楽しんできます。
いつものライブハウスでの僕のステージとはちょっと違うステージ、興味ある方は是非見に来て下さいねー!

showtengai



SHOW店街組曲2 HP
関連記事
  1. 2008/04/11(金) 00:53:12|
  2. 日記
  3. | コメント:5
<<GW | ホーム | ルパン三世 GREEN vs RED>>

コメント

偶然?!

阿久悠さんの勝手にしやがれは
河合代介さんのバンドのリーダー大野克夫さんの作曲でしたよね。

その関連のバンドの方と最近共演されたのは必然でしたのでしょうか?!
  1. 2008/04/14(月) 22:09:08 |
  2. URL |
  3. 8 #-
  4. [ 編集 ]

昭和歌謡・阿久悠さん ばんざい!

楽しかったです!「SHOW店街組曲2」。
私たちの世代には(・・・って、年齢層がバレますね・・・)たまらない懐かしい曲満載でした。そらで歌える曲ばかりで、思わず口ずさんでしまったり、振付のある曲なんて、踊り出しそうになるのをこらえてましたから(笑)。
鈴木さんのSAX、いつもと違う感じで新鮮でしたよ。鈴木和郎さんの編曲で、素敵なJAZZに生まれ変わった昭和の歌謡曲を、皆さん見事にパフォーマンスされてて、とても感激しました。
明日が最終日ですね。舞台上で「お客さん」にならないよう、楽しんでくださいね!!
  1. 2008/04/13(日) 00:02:47 |
  2. URL |
  3. ふかぴょん #-
  4. [ 編集 ]

お~、間違うとやばそうですね~

ミュージカルもやってはられましたか。
  そうそう、演技を楽しんでしまって、ぼー、とねなるようになりそうですが、
 頑張ってくださいネ
  1. 2008/04/12(土) 23:02:07 |
  2. URL |
  3. MARCO #-
  4. [ 編集 ]

初めて知りました!

ミュージカルの舞台上での演奏ってあるんですねぇ~( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー

私もタモリさんみたいにミュージカルがあまりすきではないというか、見たことないので想像がちょっとつかないのですがwww

こういう風なお仕事も舞い込んでくるんですねぇ~e-420

私も勉強になりました(^ー^)ノ
お仕事頑張って下さいe-343
  1. 2008/04/12(土) 13:20:25 |
  2. URL |
  3. m@yu #-
  4. [ 編集 ]

ミュージカル

楽しそうなミュージカルの記載を読むと、つい気になってしまいます。
鈴木さんのブログは、さり気なく人を惹きつけますね。
ミュージカルに行ったら、ステージ上にずっと鈴木さんがいらっしゃるし、内容も面白そうだし、行こうかな。
  1. 2008/04/11(金) 22:57:00 |
  2. URL |
  3. 歌 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

鈴木央紹 web site リンク

Twitter...

hisatsugusax Reload

プロフィール

鈴木央紹

Author:鈴木央紹
Jazz Saxophone Player
1972年11月22日大阪市生まれ。
4歳よりピアノ、10歳よりサックスを始める。ジャズアドリブを独学で始め16歳より演奏活動、17歳で「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞 Instrumental部門Grand Prixを受賞。
クラシックサックス奏法を前田昌宏氏に師事、大学在学中より大阪フィルや関西フィルでのクラシック演奏活動の他、ジャズライブ等の演奏活動も行う。
海外のミュージシャンとの共演も多く、 Ron Carter、 Lewis Nash、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington等多数、その信頼も厚い。

現在、自己のリーダーバンドの他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Six」を始め、土岐英史バンド、原大力グループ、原朋直グループ、TOKUグループ等に参加。

また、CDプロデュースワークや楽曲アレンジで「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど高い評価を受けている。
そのほか数々のセッション、コンサート、CMやTVドラマ劇判などのレコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、参加したアルバムは100枚を超え、映像作品参加も多数、ジャンル問わず幅広く活動中。

D'Addario Woodwinds エンドーサー
大阪音楽大学ジャズサクソフォーン特任准教授

・リーダーアルバム
2009年、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2014年、鈴木央紹カルテット「Standards++」をT5Jazz Recordsよりリリース。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

HISTORY
1972年11月 大阪市生まれ。
1976年 サックス奏者である父親の影響を受けピアノを始める。
1982年 ピアノと並行し、アルトサックスを始める。
1984年 クラシックサックスを前田昌宏氏に師事、またJazzを独学で始める。
1995年 大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業。
1999年9月 韓国においても演奏活動を始め、「韓日米Jazzフェスティバル」にリーダーバンドで出演。
2001年3月 韓国国営放送KBSのジャズプログラム「Jazz Club」出演。
2002年6月 日野皓正グループで「ヤマハ・ジャズ・フェスティバルin浜松」出演。
2003年4月 日野皓正New Directionバンド参加。
2004年 ZARDコンサートツアー参加。以後、追悼ライブにも参加。
2005年11月 リーダーカルテットに Lewis Nash(dr)をゲストに迎えライブ。
2006年1月 活動拠点を東京に移す。
2006年4月 大野雄二&Lupintic Fiveに参加。
2009年2月 リーダーアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2011年9月「金沢ジャズフェスティヴァル」にリーダーカルテットで出演。
2014年12月3日、鈴木央紹カルテットCDアルバム[Standards++]をリリース。
2016年 大野雄二&Lupintic Sixに参加。現在もCD制作他、日本全国でコンサート活動中。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

RSSフィード