ひさつぐblog

Jazz Sax Player、鈴木央紹のブログです。 日記、お知らせまで色々載せてます。

年末

もう今年も残りわずかですね。
今年も早かった。。

今年も活発に活動したルパンティックファイブのライブも昨日の名古屋ブルーノートで盛況に終わりました。
来年も各地方へのツアー、たくさんあり楽しみです。
確か再来年までスケジュール入ってたかな。
レコーディングもありそうだし、このバンド、楽しみです!

そして今日からは今年も活発に活動した僕のカルテットでの忘年会ライブツアー(笑)
このバンドではリアルジャズの自由の可能性を今年も追及しました。
拍子の垣根を越えたところから生まれる色んなグルーブの構築、メロディフェイクからのインプロヴィゼイションの可能性、ステージ最初から最後までの全体を1曲と見立てたストーリー性、すべてをバラードのようにゆったりと大きい表現、無駄を排除した表現とアンサンブル。

楽しいです。

2年前の結成時よりもどんどんアンサンブルが整理されてきて、聴いてる方にも難解ではなく、自然に入ってくるサウンドになりました。
安定感が素晴らしく、みんな大きいグルーブでフレーズを歌ってるので、もはや変拍子は変拍子に聴こえないと思います(笑)
来年もより美しくかっこよく、どんどん進化していけるかと。


今年のライブは残すところあと3本。
カルテットは今日と明日の2本です。

〔鈴木央紹Quartet〕
鈴木央紹(ts)、若井優也(pf)、佐藤ハチ恭彦(ba)、原大力(dr)

12月29日 (Wed)
名古屋『Star Eyes』
19:30~
前売:3500円
当日:4000円
052-763-2636
http://www.stareyes.co.jp/

12月30日 (Thu)
大阪梅田『Mr.Kelly’s』
19:30/21:15
前売:4000円
当日:4500円
ケリーズネット予約は飲食代含め更に10%Offです。
06-6342-5821
http://www.misterkellys.co.jp/

ぜひ聴きにお越しくださいね。
お待ちしております!
関連記事
  1. 2010/12/29(水) 18:01:53|
  2. 日記
  3. | コメント:3
<<2011年 | ホーム | TBSラジオ生放送!>>

コメント

大晦日

今年も残すところ、あと1日になりました。
ブログを読むと、充実した一年のようですね。
  1. 2010/12/31(金) 06:32:14 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

今年は〔鈴木央紹Quartet〕あまり聴きに行けなくて
特に最後のnaruには悔いがのこり。。
来年~は たくさんlive♪に行こう!
** Amazing Live ** 期待してます。

鈴木さんの「夢」はどんなんなんでしょう?
私の中でも 「夢」がふくらむワァ。。(勝手に・・)

お体を大切に keep smail でご活躍されますように。。



  1. 2010/12/30(木) 10:08:33 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

今年一年、お疲れ様でしたm(_ _)m
残りのライブも頑張って下さい。
来年も更なる活躍を期待しています(^-^)/~~
  1. 2010/12/29(水) 19:21:58 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

鈴木央紹 web site リンク

Twitter...

hisatsugusax Reload

プロフィール

鈴木央紹

Author:鈴木央紹
Jazz Saxophone Player
1972年11月22日大阪市生まれ。
4歳よりピアノ、10歳よりサックスを始める。ジャズアドリブを独学で始め16歳より演奏活動、17歳で「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞 Instrumental部門Grand Prixを受賞。
クラシックサックス奏法を前田昌宏氏に師事、大学在学中より大阪フィルや関西フィルでのクラシック演奏活動の他、ジャズライブ等の演奏活動も行う。
海外のミュージシャンとの共演も多く、 Ron Carter、 Lewis Nash、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington等多数、その信頼も厚い。

現在、自己のリーダーバンドの他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Six」を始め、土岐英史バンド、原大力グループ、原朋直グループ、TOKUグループ等に参加。

また、CDプロデュースワークや楽曲アレンジで「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど高い評価を受けている。
そのほか数々のセッション、コンサート、CMやTVドラマ劇判などのレコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、参加したアルバムは100枚を超え、映像作品参加も多数、ジャンル問わず幅広く活動中。

D'Addario Woodwinds エンドーサー
大阪音楽大学ジャズサクソフォーン特任准教授

・リーダーアルバム
2009年、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2014年、鈴木央紹カルテット「Standards++」をT5Jazz Recordsよりリリース。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

HISTORY
1972年11月 大阪市生まれ。
1976年 サックス奏者である父親の影響を受けピアノを始める。
1982年 ピアノと並行し、アルトサックスを始める。
1984年 クラシックサックスを前田昌宏氏に師事、またJazzを独学で始める。
1995年 大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業。
1999年9月 韓国においても演奏活動を始め、「韓日米Jazzフェスティバル」にリーダーバンドで出演。
2001年3月 韓国国営放送KBSのジャズプログラム「Jazz Club」出演。
2002年6月 日野皓正グループで「ヤマハ・ジャズ・フェスティバルin浜松」出演。
2003年4月 日野皓正New Directionバンド参加。
2004年 ZARDコンサートツアー参加。以後、追悼ライブにも参加。
2005年11月 リーダーカルテットに Lewis Nash(dr)をゲストに迎えライブ。
2006年1月 活動拠点を東京に移す。
2006年4月 大野雄二&Lupintic Fiveに参加。
2009年2月 リーダーアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2011年9月「金沢ジャズフェスティヴァル」にリーダーカルテットで出演。
2014年12月3日、鈴木央紹カルテットCDアルバム[Standards++]をリリース。
2016年 大野雄二&Lupintic Sixに参加。現在もCD制作他、日本全国でコンサート活動中。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

RSSフィード