ひさつぐblog

Jazz Sax Player、鈴木央紹のブログです。 日記、お知らせまで色々載せてます。

プロ音楽録音賞

昨年僕がプロデュースしたWoong San(ウンサン)のCDアルバム「Close your Eyes」が日本プロ音楽録音賞2010のA部門優秀賞に選ばれました!

日本音楽スタジオ協会やNHKが共同主催するこの賞ですが、A部門はジャズ&クラシック音楽部門です。

時間見つけてはスタジオに通って、こだわって音作りした甲斐がありました!
頑張って作った作品が、この様に評価されるのは本当にうれしいです。
そして何よりウンサンの歌を始め、ミュージシャンが素晴らしい音色で素晴らしい演奏をしてくれたからこそであります!

まだお聴きでなかったら是非お聴き下さい!
今まで以上に自信を持ってオススメします(笑)

Close Youe EyesClose Youe Eyes
(2009/12/16)
ウンサン

商品詳細を見る


そして新作もご好評頂いてます!
こちらもあわせて是非!

ウンサン「Once I Loved」ウンサン「Once I Loved」
(2010/10/20)
ウンサン

商品詳細を見る


そして来週からウンサンのCD発売記念ツアーも始まります!
福岡、広島、鳥取、大阪、名古屋、東京とお邪魔します。
詳しくはホームページをチェックしてみて下さい。
http://www.hisax.net/
ぜひライブでお楽しみください!


そして今日は、もう一つ嬉しい知らせが。
友達から「無事に子供が産まれたよ」ってメールが!
女の子。
かわいいんやろなー。
関連記事

テーマ:韓国人歌手・ミュージシャン - ジャンル:音楽

  1. 2010/11/05(金) 15:26:48|
  2. 参加作品情報
  3. | コメント:4
<<広島→福岡 | ホーム | カルテット>>

コメント

おめでとうございます

かなり遅くなりましたが、受賞おめでとうございます


ライブでは、心と体で直接感じながらも、見えるものとしては残らずに、どんどん消えていってしまう音楽。

それが形になって、好きな時に好きなように楽しめる事だけでも、とても嬉しいのに、それをより沢山の人たちが認めてくれるって、素晴らしいですね

これからも、益々のご活躍を


そして私は、本日17日に、じっくり味わいに参ります
  1. 2010/11/17(水) 01:37:26 |
  2. URL |
  3. 慶 #-
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます

手塩にかけた作品が、高く評価されると、とても嬉しいですね。
心よりお祝い申し上げます。
  1. 2010/11/09(火) 10:31:42 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

おめでとう!ございます。

すーさん、凄い、多忙ですね!
そして、A部門、優勝おめでとうございます。
凄いことですね!
また、CD 貼ってくれて・・・
ありがとうございます。
とても、嬉しいです。

それにしても・・良くたべますね~~。``r(^^;)ポリポリ
  1. 2010/11/05(金) 22:41:53 |
  2. URL |
  3. KEIKO HAMADA #hLzizWiU
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます。

製作中にピリピリMMM したりするんでしょうか??
liveではなーんも心配ない 安定した空気感でいっぱいですよね。
これが とっても心地よく魅力的で たのしみなlive♪なのです。

鈴木さんもウンサンさんもレギュラーメンバーさん(?)もみなさん
平和主義って感じスル。。

poker faceでハードルぴょんぴょん..・・.楽しみデス。

  1. 2010/11/05(金) 18:10:11 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

鈴木央紹 web site リンク

Twitter...

hisatsugusax Reload

プロフィール

鈴木央紹

Author:鈴木央紹
Jazz Saxophone Player
1972年11月22日大阪市生まれ。
4歳よりピアノ、10歳よりサックスを始める。ジャズアドリブを独学で始め16歳より演奏活動、17歳で「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞 Instrumental部門Grand Prixを受賞。
クラシックサックス奏法を前田昌宏氏に師事、大学在学中より大阪フィルや関西フィルでのクラシック演奏活動の他、ジャズライブ等の演奏活動も行う。
海外のミュージシャンとの共演も多く、 Ron Carter、 Lewis Nash、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington等多数、その信頼も厚い。

現在、自己のリーダーバンドの他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Six」を始め、土岐英史バンド、原大力グループ、原朋直グループ、TOKUグループ等に参加。

また、CDプロデュースワークや楽曲アレンジで「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど高い評価を受けている。
そのほか数々のセッション、コンサート、CMやTVドラマ劇判などのレコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、参加したアルバムは100枚を超え、映像作品参加も多数、ジャンル問わず幅広く活動中。

D'Addario Woodwinds エンドーサー
大阪音楽大学ジャズサクソフォーン特任准教授

・リーダーアルバム
2009年、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2014年、鈴木央紹カルテット「Standards++」をT5Jazz Recordsよりリリース。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

HISTORY
1972年11月 大阪市生まれ。
1976年 サックス奏者である父親の影響を受けピアノを始める。
1982年 ピアノと並行し、アルトサックスを始める。
1984年 クラシックサックスを前田昌宏氏に師事、またJazzを独学で始める。
1995年 大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業。
1999年9月 韓国においても演奏活動を始め、「韓日米Jazzフェスティバル」にリーダーバンドで出演。
2001年3月 韓国国営放送KBSのジャズプログラム「Jazz Club」出演。
2002年6月 日野皓正グループで「ヤマハ・ジャズ・フェスティバルin浜松」出演。
2003年4月 日野皓正New Directionバンド参加。
2004年 ZARDコンサートツアー参加。以後、追悼ライブにも参加。
2005年11月 リーダーカルテットに Lewis Nash(dr)をゲストに迎えライブ。
2006年1月 活動拠点を東京に移す。
2006年4月 大野雄二&Lupintic Fiveに参加。
2009年2月 リーダーアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2011年9月「金沢ジャズフェスティヴァル」にリーダーカルテットで出演。
2014年12月3日、鈴木央紹カルテットCDアルバム[Standards++]をリリース。
2016年 大野雄二&Lupintic Sixに参加。現在もCD制作他、日本全国でコンサート活動中。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

RSSフィード