ひさつぐblog

Jazz Sax Player、鈴木央紹のブログです。 日記、お知らせまで色々載せてます。

梅雨入り

またまた久しぶりの更新になってしまいました。。

とうとう梅雨に入りましたねー。
おまけに今日は蒸し暑い。。
これからどんどん暑くなっていくんでしょうねー。

暑さに負けず、時間を見つけては新曲書こうと創作活動もしていますが、なかなか書けません。。

証拠写真(笑)↓
CA3C0102.jpg

常にデスクには五線紙を!をモットーに頑張ってます(笑)

やっぱり印象の強いメロディーを創作するというのはなかなか難しい。。
パターンやキメに頼った曲を作りたくない今日この頃です。

Bill EvansさんのライブDVDを最近また買いまして、見てたらやはり素晴らしいメロディーメーカーですね。
あんな高級な曲を書きたいものです。
理性と感情的な部分のバランスも素晴らしいし、何よりメロディーがきれい。
「The two lonely people」とか自分でピアノ弾いてても泣きますよ(笑)

という感じでピアノで曲作ってても、すぐ寄り道して作曲が進まない(笑)

がんばろ。

関連記事
  1. 2010/06/15(火) 17:49:53|
  2. 日記
  3. | コメント:6
<<TOKU@ブルーノート東京 | ホーム | 大阪へ>>

コメント

「The two lonely people」好きな曲です、切なくて美しいメロディ…淡々とした中にも抑えきれない感情を抑えているぎりぎりのところ…「Nardis」も好きです。
鈴木さんのSAXも同じように感じることがあります。
  1. 2010/06/16(水) 19:16:24 |
  2. URL |
  3. けい #-
  4. [ 編集 ]

あんまり がんばんないで。。

ベタな素人意見カナ??

美しい映画や美術館や写真集を音なし鑑賞で
♪inspiration とかとか。
!! もーすぐ よさこいソーラン じゃないですか。
違う環境で何か "♪!"
(宴会なimageでなくて…でも 夏も近いしfestivalもアリカモ)

たのしみにしてます!
  1. 2010/06/16(水) 17:44:25 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ライブに足を運べる回数の少ない私にとっては、いつもほぼ新曲で、毎回新鮮な気持ちで聴かせて頂いてますが…(^.^)b

ひさつぐさんのピアノでも泣かせて欲しいなあ、なんて、贅沢な事を考えてしまいました(^-^)
  1. 2010/06/16(水) 15:03:25 |
  2. URL |
  3. 慶 #-
  4. [ 編集 ]

証拠写真は笑けましたが(笑)

楽しみにしていますわ!
  1. 2010/06/16(水) 08:18:05 |
  2. URL |
  3. #imolQFhs
  4. [ 編集 ]

ファイト!!

あ、本当に作曲活動してたんですね(笑)

確かにBill Evansさんの曲って素敵なものばかりですよねー。
でも、央紹さんの曲も負けてませんよ♪
音楽に対する真摯な態度、それが伝わってきますし。

素敵な曲が出来上がるのを、首を長ーーーくして待ってます!!
がんばって♪
  1. 2010/06/15(火) 18:42:16 |
  2. URL |
  3. mari #-
  4. [ 編集 ]

がんばって♪
  1. 2010/06/15(火) 18:25:23 |
  2. URL |
  3. a #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

鈴木央紹 web site リンク

Twitter...

hisatsugusax Reload

プロフィール

鈴木央紹

Author:鈴木央紹
Jazz Saxophone Player
1972年11月22日大阪市生まれ。
4歳よりピアノ、10歳よりサックスを始める。ジャズアドリブを独学で始め16歳より演奏活動、17歳で「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞 Instrumental部門Grand Prixを受賞。
クラシックサックス奏法を前田昌宏氏に師事、大学在学中より大阪フィルや関西フィルでのクラシック演奏活動の他、ジャズライブ等の演奏活動も行う。
海外のミュージシャンとの共演も多く、 Ron Carter、 Lewis Nash、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington等多数、その信頼も厚い。

現在、自己のリーダーバンドの他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Six」を始め、土岐英史バンド、原大力グループ、原朋直グループ、TOKUグループ等に参加。

また、CDプロデュースワークや楽曲アレンジで「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど高い評価を受けている。
そのほか数々のセッション、コンサート、CMやTVドラマ劇判などのレコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、参加したアルバムは100枚を超え、映像作品参加も多数、ジャンル問わず幅広く活動中。

D'Addario Woodwinds エンドーサー
大阪音楽大学ジャズサクソフォーン特任准教授

・リーダーアルバム
2009年、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2014年、鈴木央紹カルテット「Standards++」をT5Jazz Recordsよりリリース。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

HISTORY
1972年11月 大阪市生まれ。
1976年 サックス奏者である父親の影響を受けピアノを始める。
1982年 ピアノと並行し、アルトサックスを始める。
1984年 クラシックサックスを前田昌宏氏に師事、またJazzを独学で始める。
1995年 大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業。
1999年9月 韓国においても演奏活動を始め、「韓日米Jazzフェスティバル」にリーダーバンドで出演。
2001年3月 韓国国営放送KBSのジャズプログラム「Jazz Club」出演。
2002年6月 日野皓正グループで「ヤマハ・ジャズ・フェスティバルin浜松」出演。
2003年4月 日野皓正New Directionバンド参加。
2004年 ZARDコンサートツアー参加。以後、追悼ライブにも参加。
2005年11月 リーダーカルテットに Lewis Nash(dr)をゲストに迎えライブ。
2006年1月 活動拠点を東京に移す。
2006年4月 大野雄二&Lupintic Fiveに参加。
2009年2月 リーダーアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2011年9月「金沢ジャズフェスティヴァル」にリーダーカルテットで出演。
2014年12月3日、鈴木央紹カルテットCDアルバム[Standards++]をリリース。
2016年 大野雄二&Lupintic Sixに参加。現在もCD制作他、日本全国でコンサート活動中。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

RSSフィード