ひさつぐblog

Jazz Sax Player、鈴木央紹のブログです。 日記、お知らせまで色々載せてます。

カルテット@Body&Soul

今日は南青山Body&Soulでぼくのリーダーカルテットのライブでした。

感想は、、

めちゃくちゃ楽しかった!

素晴らしいメンバーと、たくさんのお客さんに囲まれ気持ちよく演奏できました。
今日は大阪からもたくさんお越し頂いてて。
ほんと、嬉しい限りです。

曲は僕のオリジナル、慎治のオリジナル、あとスタンダードも数曲、いろいろ織り交ぜてのステージ。
みんなの演奏、素晴しかったです。

次回のbodyでのリーダーライブは来年2月2日。
もちろん今日と同じメンバーで。
いまから楽しみ!
関連記事
  1. 2006/11/04(土) 01:08:29|
  2. 日記
  3. | コメント:2
<<リーダースケジュールUP | ホーム | GyaOライブ動画配信延長>>

コメント

言葉にならない

あまりに凄すぎて
素敵過ぎて・・・感涙

ただただ聴き入っていました。
昨日の演奏。

ひさつぐさん、
本当に楽しそうに演奏されていらっしゃいましたね。
メンバーの皆さんとの空気感もこれまた素敵で。

昨日のライブに伺う事が出来て本当に良かったです。
これからも色々な演奏を聴きに伺うのがますます楽しみです♪
あっ、早速、今日もですね~笑
  1. 2006/11/04(土) 14:58:08 |
  2. URL |
  3. jam #Mom3fmKk
  4. [ 編集 ]

もう サイコー!!!

あれ?もうご帰還ですか?早っ・・・!お疲れ様でしたあ!私はライブ終了後慌てて帰って、今なんやかんや落ち着いた所です。今日のライブもとっても楽しかったで~~~す。鈴木さんの定番?7拍子の曲たちは爽快で、オリジナルもカッコいい!さすがです。My Oneは うるうるもので・・・セカンドの中盤のスケールを感じたあの曲は 感動で震えました!
秋田さんのオリジナルもますますカッコよくなってて。この次のリーダーが2月って知らなかったけど、伺って本当に良かった!って思います。大興奮の余韻が残ってて、どうしよ・・・・眠れにゃい・・・

ありがとう!
  1. 2006/11/04(土) 01:32:54 |
  2. URL |
  3. GUCCI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

鈴木央紹 web site リンク

Twitter...

hisatsugusax Reload

プロフィール

鈴木央紹

Author:鈴木央紹
Jazz Saxophone Player
1972年11月22日大阪市生まれ。
4歳よりピアノ、10歳よりサックスを始める。ジャズアドリブを独学で始め16歳より演奏活動、17歳で「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞 Instrumental部門Grand Prixを受賞。
クラシックサックス奏法を前田昌宏氏に師事、大学在学中より大阪フィルや関西フィルでのクラシック演奏活動の他、ジャズライブ等の演奏活動も行う。
海外のミュージシャンとの共演も多く、 Ron Carter、 Lewis Nash、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington等多数、その信頼も厚い。

現在、自己のリーダーバンドの他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Six」を始め、土岐英史バンド、原大力グループ、原朋直グループ、TOKUグループ等に参加。

また、CDプロデュースワークや楽曲アレンジで「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど高い評価を受けている。
そのほか数々のセッション、コンサート、CMやTVドラマ劇判などのレコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、参加したアルバムは100枚を超え、映像作品参加も多数、ジャンル問わず幅広く活動中。

D'Addario Woodwinds エンドーサー
大阪音楽大学ジャズサクソフォーン特任准教授

・リーダーアルバム
2009年、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2014年、鈴木央紹カルテット「Standards++」をT5Jazz Recordsよりリリース。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

HISTORY
1972年11月 大阪市生まれ。
1976年 サックス奏者である父親の影響を受けピアノを始める。
1982年 ピアノと並行し、アルトサックスを始める。
1984年 クラシックサックスを前田昌宏氏に師事、またJazzを独学で始める。
1995年 大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業。
1999年9月 韓国においても演奏活動を始め、「韓日米Jazzフェスティバル」にリーダーバンドで出演。
2001年3月 韓国国営放送KBSのジャズプログラム「Jazz Club」出演。
2002年6月 日野皓正グループで「ヤマハ・ジャズ・フェスティバルin浜松」出演。
2003年4月 日野皓正New Directionバンド参加。
2004年 ZARDコンサートツアー参加。以後、追悼ライブにも参加。
2005年11月 リーダーカルテットに Lewis Nash(dr)をゲストに迎えライブ。
2006年1月 活動拠点を東京に移す。
2006年4月 大野雄二&Lupintic Fiveに参加。
2009年2月 リーダーアルバム「Passage Of Day」をVAPよりリリース。
2011年9月「金沢ジャズフェスティヴァル」にリーダーカルテットで出演。
2014年12月3日、鈴木央紹カルテットCDアルバム[Standards++]をリリース。
2016年 大野雄二&Lupintic Sixに参加。現在もCD制作他、日本全国でコンサート活動中。
2019年、鈴木央紹トリオ「Favourites」をT5Jazz Recordsよりリリース。

RSSフィード